ひげ脱毛にデメリットはある?通う前に知っておくべきこと

最近、若者から40代~50代の男性の間でメンズ脱毛がとても話題になっています。
テレビのコマーシャルやYouTubeの広告なんかでも目にする機会が多くなってきたと思います。
しかし、脱毛に通いたいと考えていてもなかなかハードルが高いですよね。
お金や通う期間、脱毛時の痛みなど脱毛を経験したことのない方は不安も多いと思います。そこで今回はメンズ脱毛の中でも、男性が脱毛したい箇所ナンバーワンのひげの脱毛について紹介したいと思います。

この記事では以下の4つのことがわかります。

この記事でわかること
・ひげ脱毛のデメリット
・ひげ脱毛のメリット
・ひげ脱毛に通う前に知っておくべきこと
・ひげ脱毛をしないほうが良い人

ひげ脱毛に興味がある人、ひげ脱毛に関しての不安がある人は必見の内容になっていますのでぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

ひげ脱毛のデメリットは4つ

まず初めにひげ脱毛に通うデメリットを紹介します。

脱毛に対して不安を抱えている人たちは、メリットはもちろん気にすると思いますがその反対にデメリットや自分へのリスクの方を気にする方が多いように感じます。

最初にひげ脱毛に通うデメリットをかっくにんしてその不安を取り除いていきましょう。

お金がかかる

デメリットの1つ目として挙げるのはお金の問題です。

ご存じのこととは思いますが脱毛費用は決して安くはありません。
長期間通うことになるとそれなりの金額が必要になってしまいます。

ご自身がどの程度脱毛したいかにもよりますが、永久脱毛になると10万~20万はかかるといわれています。

しかし最近話題になっているおかげもあり様々な脱毛店が費用を安く抑えるキャンペーンを行っているので無料体験期間限定を利用して、低料金でヒゲ脱毛を行えるサービスが増えてきています。

このようなサービスを駆使すれば自分の思っていたよりも安い価格でひげ脱毛ができます。一度詳しく調べてみて損はないですよ。

長期的に通わなければならない

2つ目のデメリットはヒゲ脱毛に通う期間です。

1回のヒゲ脱毛の「施術時間」は長くても30分程度ですが、「通う期間」となると1~3年くらいかかります。

どうしてこんなに通う期間に幅があるのかといいますと、ご自身がどのレベルまで脱毛したいかによって通う期間が変わるためです。

医療レーザー脱毛の場合だと永久脱毛するのに1年半~2年くらいかかるといわれています。

光脱毛の場合、レーザー脱毛よりも出力が弱いため、痛みは少なくて済みますが、期間はレーザー脱毛よりも長くなり、少なくとも2年はかかるそうです。

学生であれば比較的時間に余裕があり、脱毛に通うことはそこまで大変じゃないかもしれません。
しかし、社会人の場合だとなかなか脱毛に通うための時間を確保できないこともあるかと思います。

脱毛を考える際は自分が継続して通うことが出来るのかということもしっかりと考える必要があります。

施術中の痛み

ヒゲ脱毛に通うデメリット3つめは痛みです。

痛みに強い方なら何の心配もいらないと思いますが、痛みに強くても照射する箇所によっては相当痛いと思います。実際に体験した私が思うに、口周りの性術が一番痛みを感じました。多少の我慢は必要ですが、もし痛すぎるようなことがあれば出力を下げるなどしてくれると思うので痛みに弱い方は多少の心構えを作っておくだけで大丈夫ですよ。

ひげが生えなくなってしまう

ヒゲ脱毛に通うデメリット4つ目は、脱毛するとひげが生えなくなるということです。

ヒゲ脱毛に通うのだから当然のことと感じた方も多いと思いますが、意外と重要です。

将来もしもヒゲを生やしたくなってしまっても、思うように生えなくなってしまいます。

脱毛した瞬間は満足いっても、後悔するのは数年後、数十年後のことです。

ただ、「永久脱毛」をした場合でも、まったく生えてこないというわけでもありません。

モテたい君

永久脱毛って「永久」じゃないんですか?

永久脱毛の定義って「ずっと毛が生えてこない状態」と思われがちですが、それは違うんだ。

脱毛先生

最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める」とされています。完全に生えてこない状態になる場合もありますが、一般的には、脱毛治療で減毛された状態が長期間にわたり維持されている(半永久的な効果)事と考えられています。

つくば医療脱毛センター

ひげ脱毛に通うメリットは3つ!

ここからはひげ脱毛に通うメリットを紹介します。ここまでの記事でデメリットを取り上げたためひげ脱毛に対してマイナスなイメージを持ったかもしれませんが、メリットもたくさんあるんです。

ひげを剃るほぼなくなる

ひげ脱毛に通うメリット1つ目は何といってもひげを剃る必要がほぼないということ。

ヒゲを剃る手間が省けると約5~10分ほど朝の時間を節約できますね。

一日10分の髭剃りの時間も重なれば膨大な時間となります。
しかもひげを剃るのって結構めんどうです。

朝のめんどうごとから解放されたいという人にとって、ヒゲ脱毛は最適でしょう。

また、髭を剃ることもタダではありません。

髭剃りやシェーバー、シェービングフォーム、保湿剤など、何度も買い替える必要があります。
その諸経費合計額と、脱毛に行く金額は、圧倒的に脱毛通いをする方がコスパが良いんです。

70歳くらいまで髭剃り道具を買い替え続けるとなると、相当な金額になるのは間違いないですからね。
もちろん早ければ早いほど、時間やコストを減らせます。

他人からの評価が上がる

ひげ脱毛に通うメリットの2つ目は、他の人や女性から好印象に思われるということです。

昔から言われていますが、男女ともに清潔感のない人はモテません。
女性は肌などに気を使っている人が多いですが男性はまだまだな世の中です。
そんな中でひげ脱毛をしているというだけで、この人はしっかり自分磨きをしている人と思われ、好印象になります。

また、剃り残しや髭剃りによる肌荒れも心配ないのできれいな肌を保つことが出来ます。
青髭に悩んでいる人は脱毛に行くことで青髭から脱却できます。

自信がつく

ひげ脱毛のメリット3つめは、自分に自信がつくということです。

これはメリット二つ目ともつながりますが、他人からの評価がよくなることで自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てると人生に余裕が生まれさらに前向きに物事に取り組むことが出来ます。

自分に自信をつけるための手段としてメンズ脱毛を選ぶのもいいと思います。

ヒゲ脱毛をしないほうが良い人

ひげ脱毛をするかしないかは自身の判断ですが、ひげ脱毛をしないほうが良い人もいます。

言い換えるとヒゲ脱毛をして間違いなく後悔する人もいます。
例えば、デメリットでもあげたように将来ひげを生やす可能性がある人は脱毛をするべきではありません。
また、お金の問題で生活が安定していない人もひげ脱毛をするのは見送ったほうが良いかもしれません。

自分のベストなタイミングでひげ脱毛をするのが良いですね。

ヒゲ脱毛のデメリットまとめ

今回はメンズ脱毛の中でも人気なひげ脱毛について紹介しました。

記事でも書いたように、ひげ脱毛には沢山のメリットがあり、その分デメリットもあります。

デメリットが4つなのに対してメリットが3つだからひげ脱毛は良くないと決めつけてはいけません。
自分がどうしたいのか、どうなりたいのかをしっかり考えて決めてくださいね。