ヒゲ脱毛中の日焼けはNG!日差しが強い日の対策

メンズ美容の中で手軽に始めることのできるヒゲ脱毛は、年中通して人気を博しています。

ですが、ヒゲ脱毛の日焼けは厳禁というのをご存じでしょうか?

実は、ヒゲ脱毛中に日焼けをしてしまうと、思わぬ肌トラブルから、ヒゲ脱毛完了までの期間が大幅に伸びてしまうという可能性があるのです。

本記事では、ヒゲ脱毛と日焼けの関係性から、気になる「日焼け防止テクニック」までを詳しく解説していきます。

ヒゲ脱毛中に日焼けはNG

夏場はイベントの多い時期です。海やプール、野外フェスや縁日など、強い日差しの中、外で過ごす時間が自然と多くなってしまいます。

ですが、ヒゲ脱毛中に肌の日焼けは絶対にダメです。

ヒゲ脱毛をする時、「医療脱毛」か「光脱毛」を選択するのが一般的です。この2つは、ムダ毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応し熱を発生させ、毛根にダメージを与えます。

医療脱毛と光脱毛について詳しく

日焼けした肌の場合、肌自体にメラニン色素が多く含まれているため、肌のメラニン色素にレーザーが吸収されてしまいます。

その結果、以下の2つが起きる危険性があります。

  • 脱毛時の痛みが増す
  • 肌トラブルが増える

脱毛時の痛みが増す

日に焼けた肌は、紫外線による一種のやけど状態にあります。炎天下の中、海水浴やスポーツを楽しんだ後に、肌が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを経験したことがある人は多いでしょう。それは、肌が普段の状態より敏感になっている証拠です。

そのため、毛を抜く際にも刺激に鋭敏に反応し、痛みが強くなる可能性があります。

また、日焼けした肌のメラニン色素にレーザーや光が反応してしまった場合、本来は照射されない部分に光があたることで、余計に痛みを感じる可能性があります。

つまり、本来であれば毛に反応する時だけ痛みを感じる程度で済みますが、肌全体にレーザーや光が反応すると、広範囲にわたり痛みが続くことになってしまうのです。

肌トラブルが増える

肌には外部刺激から肌組織を守ったり、内部から水分が蒸発するのを防いだりする「バリア機能」が備わっています。

しかし、日焼けをして肌が普段よりも乾燥していると、このバリア機能が正常に機能しなくなります。つまり、非常にダメージを受けやすい無防備な状態であるということです。

外部刺激に弱いうえに、カラカラに乾いた状態でヒゲ脱毛を受けるとどうなるでしょうか。レーザーや光が弱った肌を焼き、赤いところがさらに赤みを増してしまうでしょう。最悪、火傷をしてしまう可能性もあります。

また、刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が過剰に生成され、それが沈着して黒ずみシミとなる可能性もあります。

肌を綺麗にするためにヒゲ脱毛を受けたのに、更なる皮膚トラブルを招いては本末転倒です。

夏に脱毛するなら必須の日焼け対策

ヒゲ脱毛に紫外線は禁物とはいえ、夏場はどうしても太陽の下に出る機会が多くなってしまいます。

そこで、夏のヒゲ脱毛には欠かすことのできない、「日焼け防止テクニック」をご紹介していきます。

日焼け止めクリーム

日焼け防止の定番アイテムといえば、「日焼け止めクリーム」です。

なぜなら、日焼け止めには、メラニン色素の生成に関係ある「紫外線」を大きくカットする効果があるからです。

近頃は、様々なタイプの日焼け止めが売られています。価格帯も安価なものが増えており、男性も朝のスキンケアルーティーンとして、日焼け止めを使う人が増えています。

ですが、選択肢が多ければそのぶん迷いが生じてしまうのが人間というものです。

ここでは、日焼け止めの詳しい解説から、自分に合った日焼け止めを選ぶポイントを紹介します。

まず、パッケージに表記されたSPF・PAの数値に注目して下さい。これは、紫外線のカット効果を表した値になります。 数値が高いほど紫外線に対する効果が見込まれます。

SPF (サンプロテクションファクター)

SPFは、お肌が黒くなる原因を作る紫外線を防止する力です。

1〜50+まであり、数値が大きいほど防止する力が高くなります。

PA (プロテクショングレイドオブUVA)

PAは、お肌のシワやタルミの原因を作る紫外線を防止する力です。

+〜++++の4段階まであり、数値が大きいほど防止する力が高くなります。

数値が高い日焼け止めほど値段も高価になっていきますが、上手に使えばヒゲ脱毛中であっても海水浴や野外イベントを楽しむことができるので、なるべく奮発をしてください。

ですが、効果の高い日焼け止めクリームは肌への刺激も強いため、脱毛中の敏感な肌のトラブルに繋がりかねないので注意が必要です。

1時間以上、紫外線の強い炎天下の中で活動をするのであれば、SPF50以上の日焼け止めをオススメしますが、そうでなければ、SPF25~35PA++以上の日焼け止めでも十分です。

活動する場面によって使い分けてください。

つばの広い帽子

ヒゲ脱毛中に紫外線から肌を守るには「つばの広い帽子」を被ることも効果的です。デザインや形は好みがあるでしょうが、なるべく顔全体を覆ってくれるようなタイプを選ぶといいでしょう。

近頃は、メンズタイプの「UVカット帽子」も売られており、ファッションの一部として日焼け防止を楽しむことができます。

色は熱を吸収しやすい黒かつ、紫外線を反射する加工が施されている物を選ぶのがおすすめです。

明るい色で、紫外線を吸収する加工の帽子より「UVカット」の効果を発揮してくれます。

紫外線の多い時間帯は避ける

ヒゲ脱毛中の日焼けを防ぐには、そもそも紫外線の強い時間帯の外出を控えることも1つの方法です。

紫外線は朝の8時近くから強くなり始め、10~14時がピークだと言われています。そして、15時以降は紫外線が弱くなっていきます。

そのため、8時から14時の間は外出を控え、15時以降から活動を開始するのが理想的と言えるでしょう。

とはいえ、現代人にとってその時間帯の外出を控えるのは非常に難しいことです。外出する際は、「日焼け止め」や「帽子」を活用して紫外線対策を徹底しましょう。

海にいくのは諦める

ヒゲ脱毛にとって日焼けは絶対にダメということを気にするあまり、せっかくの夏を楽しめないというのも寂しい話ですよね。ヒゲ脱毛をしていても海に遊びに行きたいと思うのは、人として自然な欲求です。

ですが、美しい肌を手に入れるため、そこはグッと堪えてください。

海で夢中になって遊ぶあまり、気がついたら顔が真っ赤に日焼けしているなんてことになれば、無用な肌トラブルを招くだけでなく、ヒゲ脱毛に通う期間が大幅に延長されてしまいます。

たとえ、耐水性の強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを塗っていたとしても、細まめに塗り直さなくては効果が半減してしまいます。

ヒゲ脱毛期間中の海水浴は、控えるのが無難です。

また、山であれば紫外線が少ないと勘違いしている人も多いですが、標高が増すほどに紫外線は強くなっていきます。

夏の山では、「日焼け止め」や「帽子」の他に「UVカットサングラス」も併用して、紫外線対策を徹底しましょう。

日焼けしてしまったらどれくらいの期間を空ければ脱毛可能?

  • 「つい海ではしゃいでしまった」
  • 「仕事で外回りが多かった

もしも日焼けしてしまった場合、ヒゲ脱毛を施術できるようになるまでの期間は約1~3ヵ月後です。

もちろん回復度合いや日焼けの程度によりますが、最低でも1か月は肌の回復に務めなければなりません。

施術期間を延ばしたくなければ、日焼けに対して意識して生活する必要があります。

ヒゲ脱毛当日に日焼け止めを塗るのはダメ

ヒゲ脱毛当日に日焼け止めを塗るのはよくありません。

なぜなら、クリームタイプの日焼け止めだと毛穴にも詰まってしまい、白くなった毛穴に照射しても十分に反応せずに脱毛効果が落ちてしまう可能性が高いからです。

とはいえ、日焼け止めを塗らずに外に出るのは些か不安ではあるでしょう。

そんな時は、クリームタイプではなく、スプレータイプやリキッドタイプで対処するのがオススメです。

この2種類であれば、ヒゲ脱毛前にシートなどで簡単に拭き取ることがきます。

また、クリームタイプの日焼け止めを塗ってしまっても、クリニックやサロンによっては、ヒゲ脱毛前に洗顔スペースを貸してくれるところもあります。大抵は洗顔フォームも常備されているので確認してみてください。

注意点としては、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは避けましょう。ウォータープルーフの日焼け止めは耐水性に優れ、海やプールに入っても汗をかいても落ちないように作られています。

そのため、ヒゲ脱毛前に洗顔をしても洗い残しが発生する恐れがありますので、注意してください。

ヒゲ脱毛を秋冬に始めても結局夏が来る

気象庁のデータによると、3月頃から急激に強くなりはじめ、5~7月にかけてピークを迎えています。1日の中では、10時頃から14時頃までが最も強いとされています。

そのため、ヒゲ脱毛を行うなら秋冬シーズンが最も適していると言えます。

ですが、秋冬にヒゲ脱毛を完了すればそれで終わりという訳ではありません。季節は巡り、夏は必ずやってきます。

紫外線が強く、肌トラブルのリスクが強くなる夏を乗り切るには、ここまで本記事で紹介した「日焼け防止テクニック」が必要不可欠になります。

「日焼け防止を制する者が夏を制する」と言っても過言ではないでしょう。

皆さまが楽しいヒゲ脱毛ライフを送れるよう、本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。